パルクレールは赤いニキビ跡に使える?

MENU

パルクレールは赤いニキビ跡にこそ使ってほしいと思うわけをつらつらと

パルクレールはジェルと美容液の2種類が用意されているわけですが、
じゃあどっちを使えば良いのかといえば、それは用途に応じてとしか言いようがありません。

 

背中や胸元など割りと広範囲で使いたい場合はジェルを選ぶのが順当ですし、
顔のみに使いたいのであれば美容液を選ぶほうが無難。

 

ただ単にニキビ予防ができるというのはいいんだけど、
じゃあ赤くなったニキビには使えるんですか?って気になっている人もいるかと思いますが…。

 

はい、もちろん使えます。

 

ただし、炎症を起こして触るだけでも痛い、というようなタイミングで使うのはやめておいたほうが良いですね。
なんでもそうですが、化粧品は薬ではないですから痛みを和らげてくれるわけではありません。

 

そういう意味でパルクレールも赤くなったニキビには使えるものの、
痛みがある場合は使わないほうが良いといえますね。

 

パルクレールは違いますが、ビタミンC誘導体が含まれている美容液や
化粧水は結構肌への刺激があるので、痛みが増してしまう可能性もあります。

 

なので、何度も言うように痛みがある場合は化粧品でどうにかしようと思わないことが大切。
皮膚科で軟膏をもらって付けておくのがベターといえますね。

 

じゃあ痛みがない場合はどうなのか。
それはもちろん使用できます。

 

赤みがある状態で放置してしまったり、ニキビをそのまま放置して赤くしてしまうとそのまま色素沈着して茶色くなったりしてしまうんですよね。
そうなるとなかなか消えてくれず、気がついたら茶色い点々だらけ!みたいなことになっちゃいます。てか、実際に私もそうなってるんですが…汗

 

それを防ぐためには、やっぱり最初から赤みが出ないようにケアすることが大切ってことですよね。
パルクレール美容液の場合はメラニンの生成を抑えてしみ、そばかすを防ぐ働きが期待できる成分が含まれています。

 

具体的にいうとですね、ビタミンC、アラントインです。
ビタミンCにはメラニン生成を抑制する働きがあり、
アラントインには肌のターンオーバーを促進する働きがあるわけです。

 

それに加えてコラーゲンやヒアルロン酸によって保湿力を高めてくれるので、
肌への刺激も少なくなりシミやそばかす、ニキビ跡をできにくくしてくれるというわけですね。

 

現状できているニキビ跡をキレイにするには、できるだけ刺激を加えないことが大切です。
刺激を加えると、それに反応してメラニン生成が起こり、結果的に黒ずみや茶色いニキビ跡が残ってしまうわけですよ。
そういうのってイヤじゃないですか。私はものすごくイヤ!

 

ニキビができるたびにシミの数も増えるなんてまっぴらごめんです!
そうならないうちに、サッサとニキビケア化粧品でニキビ予防を徹底しちゃいましょう!

 

 

→ パルクレール美容液の公式ページはこちら

 

→ 私の口コミ(トップページ)に戻る